HOME>イチオシ情報>初心者向けのアドバイスと基本的な知識を確認しよう
お金

金利について興味を持っておく

お金を借りる場合は、借りることができるかどうかが大きな問題になりますが、それと同時に気にしておきたいことが一つあります。それは金利がどの程度になっているかです。金利の額が大きければ大きいほど、お金を借りる人は大きな負担になりかねません。そこで金利を明確にすることで、返済金額などがわかりやすくなるでしょう。消費者金融の金利で注意したいのは、借入額が100万円を超えるかどうかで変わってくることです。法律上は100万円を超えた場合15パーセント未満の金利に設定することに定めてありますが、それ以下の金額の場合には20パーセント未満ならば問題ないとしています。つまり、可能ならば100万円近くお金を借りる場合には、100万円以上借りた方が負担が少なくなることがわかるでしょう。

確実に返済できるかどうか

これから消費者金融でお金を借りる場合には、確実に返済できるかどうかを理解しておかなければいけません。確実に返済できる場合とは、例えば会社をリストラされてもあるいはアルバイトをクビになってもそして病気で長期入院しても返済できるだけのお金を持っておくことです。あるいは将来的にお金が入ることが確実な場合などを意味しています。もし返済できなければ、債務整理をすることになり、信用事故につながるでしょう。信用事故につながると、それ以降お金を借りることができなくなりますので要注意です。

審査基準はどのようになっているか

消費者金融でお金を借りる時の審査基準はいくつかありますが、一つは収入についてです。収入は借入額の1/3未満とされています。そのため収入が高い人はある程度まとまったお金を借りることが可能になります。ただこの場合でも、何度か取引き経験がなければいきなり7ケタのお金などを借りることはできません。もうひとつ気にしておきたいのは、信用事故に関することです。過去に債務整理をした場合7年ぐらいはお金を借りることはできなくなります。

広告募集中